ロッキング・オン rockin'on 「H」 の別冊 「COMIC H」 の短編漫画単行本化ご希望の件について御答えさせてください。

2014.04.08 Tuesday

0
    ロッキング・オン rockin'on 「H」 の別冊 「COMIC H」 で2000年〜4年間短編漫画を連載しておりました。
    単行本化のご希望を15年経った今でも頻繁にご連絡を頂きます。
    本当にありがとうございます。
    とてもうれしいです。。。。

    3月14日頃に単行本化のご希望のお話がtwitter上でまた浮上しましたので、この数日原稿を見直し出版社さんにいろいろとご相談をしようと段取りしていました。。  
    「BOYFRIENDS」と「OTOMODACHI」は揺るぐ事なく不思議な存在感でした。
    「YUMEDEAIMA SHOW」も少し手直しが必要かというところで、
    しかし他のものは根底から組み直さないと今の人の心に響かないと感じました。

    20代前半の単身東京に出てきて2〜3年あたりの孤独の中で描き上げた、まさに暗中模索時代の漫画たちです。
    96年17歳のときに漫画家としてデビューしました。
    99年21歳のときから漫画を飛び越える事を決めて絵の世界に入ってきたのですが、その後絵の発表を続けてきました。
    絵の方は漫画の枠からはみ出ることに成功しました。  
    しかし、昔の漫画は時が止まったままです。  
    その原点である漫画自体を飛び越えさせ蘇らせる事が必要なのだと思いました。  
    それを実現させるにはやはり2年ほどの時間をかけて最新の視点からの新作の制作、過去の作品の作り直し組み込み直しをしようという結論に達しました。  
    ですのでこれから時間をかけての作業に入ります。今の自分の編集の力を駆使し、トレースやコラージュ、原本のイメージを残しつつ更に広げてその周辺も描くようなリデザインをしようかと思います。。  

    2012年に出版しましたMWUAIムーアイ(ダイトカイ)では長年の夢、初の漫画単行本化を実現させました。
    「一枚絵」ではえがきれない「説明する」という部分で大きな仕事をしてくれました。
    ムーアイはメッセージ性が高めの作品だと思っております。  ムーアイのラインでも新作を描こうと思っております。  

    作品の新作も飛び越えてゆく事、漫画の方も飛び越えたもの作り上げる事を目標に、
    全く新しい次元を作り出す事を夢に今後も頑張って参ります。  

    初夏にはダイトカイさんのWEBサイトの方で連載をスタートさせる予定です。  

    再構築させた漫画の方も少しづつどこかで発表出来るように動いて行きます。
    日々精進で行動し続けようと思っております。引き続きどうぞよろしくお願い致します。。。。  

    いつも応援ありがとうございます!

    KYOTARO  







    小出しに蘇らせて行きます!


     
    JUGEMテーマ:アート・デザイン