熊谷和徳のタップと高木正勝のピアノが融合するスペシャルライブが決定!6月20日、WWW(東京)、6月11日、京都文化博物館(京都)KYOTAROフライヤーのアートワークさせて頂きました^^

2015.06.06 Saturday

0

    熊谷和徳 × 高木正勝  Kazunori Kumagai × Masakatsu Takagi


     

    京都公演 2015年6月11日(木)京都文化博物館
    東京公演 2015年6月20日(土)WWW

    世界が注目するアーティスト、熊谷和徳と高木正勝。
    2015年6月、熊谷和徳のタップと高木正勝のピアノが融合するスペシャルライブが東京(WWW)と京都(京都文化博物館)で実現します。

    NYと日本を行き来しながら“世界の今と日本の今”を見つめ、様々な感情をタップに込めてきた熊谷和徳。
    山里に暮らし、風や虫の音に耳を澄ましながら五感を解放し、新たな作品を生み出し続ける高木正勝。
    2014年、山形ビエンナーレに出演し、それぞれのライブに感銘を受けた二人が、2015年いよいよ同じステージに立ちます。
    さらに、WWW(東京)では色彩の魔術師、中山晃子が映像で参加。その圧倒的な映像は我々をミクロ∞マクロの宇宙へと誘ってくれます。

    純度の高い『音』を生み出す二人のアーティストによるリズムと旋律。そしてオーディエンスの鼓動が絡み合う究極の体験が始まります。

    K_T_profile.jpg




    京都公演

    2015年6月11日(木)京都文化博物館 京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1
    http://www.bunpaku.or.jp/exhi_hall.html

    open:18:00   start:18:45  end:20:30

    前売(着席) 4,300円 *200名限定
    前売(立見) 3,800円 *40名限定
    当日(着席) 4,800円
    当日(立見) 4,300円

    チケット販売
    4月25日(土)10時より下記e+のURLよりお申し込みいただけます
    http://eplus.jp/kumagai-takagi/

    * 前売り完売の場合は当日券は発売いたしません。
    * チケットの整理番号順で18:00よりご入場いただきます。
    * 前売り(立見)のお客様は前売り(着席)のお客様の入場が終わり次第ご入場いただきます。
    * 本公演での高木正勝のパフォーマンスはピアノのみとなります。
    * お問い合わせ 【熊谷和徳×高木正勝 京都公演】と明記し、shimauma.inc@gmail.comまでメールでお願いします。

    featuring : Kazunori Kumagai  Masakatsu Takagi
    promoter:Shimauma
    director:Tenshi Iwai(Shimauma)
    sound system:WHITELIGHT SOUNDSYSTEM Ltd.
    flyer artwork : KYOTARO
    support:KAZ TAP STUDIO novus axis

    **********************************************************



    東京公演

    2015年6月20日(土) WWW 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
    http://www-shibuya.jp/

    【昼の部】 open:15:30 start:16:00 end:17:30
    【夜の部】 open:19:30 start:20:00 end:21:30

    前売(着席) 4,800円(各回80名限定)
    前売(立見) 4,300円(各回170名限定)
    当日(着席) 5,300円
    当日(立見) 4,800円

    チケット販売

    【先行販売】
    4月11日(土)10:00〜4月19(日)23:59まで下記e+のURLよりお申し込みいただけます。
    e+  http://eplus.jp/kumagai-takagi/ (PC/携帯共通)

    【一般販売】
    4月25日(土)10:00より下記プレイガイドのURLよりお申し込みいただけます。

    ローソンチケット http://l-tike.com/ 【L:77367】※電話予約なし
    e+ http://eplus.jp/kumagai-takagi/

    * 2回公演【昼の部】【夜の部】は完全入れ替え制でおこないます。
    * 前売り完売の場合は当日券は発売いたしません。
    * チケットの整理番号順で【昼の部】は15:30より【夜の部】は19:00よりご入場いただきます。
    * 本公演での高木正勝のパフォーマンスはピアノのみとなります。

    featuring : Kazunori Kumagai  Masakatsu Takagi
    promoter:Shimauma + WWW
    director:Tenshi Iwai(Shimauma)
    sound engineer:Yuji Tsutsumida(WHITELIGHT SOUNDSYSTEM Ltd.)
    flyer artwork : KYOTARO
    support:KAZ TAP STUDIO novus axis
    contact : 03-5456-7685(WWW)

    003.jpg

    熊谷 和徳 Kazunori Kumagai / Tap Dancer
    77年仙台市生まれ。
    15歳でタップをはじめ19歳で渡米。その後、NYタップフェスに9年連続出演。NYタイムス等にも度々取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリーハインズ』と評された。06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。
    現在ではNYと日本を2大拠点とし、東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP THE FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。
    2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。
    そして5月にはニューヨークにおいて毎年開催されるNATIONAL TAP DANCE DAYにおいて2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収める。
    独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。
    http://www.kazukumagai.net

    0001.jpg

    高木 正勝 Masakatsu Takagi / 映像作家・音楽家
    長く親しんでいるピアノを用いた音楽、世界を旅しながら撮影した”動く絵画”と評される映像、両方を手掛ける作家。
    国内外でのCDやDVDリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。
    2009年Newsweek日本版で、「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれるなど、世界的な注目を集めるアーティスト。
    2012年、映画「おおかみこどもの雨と雪」、2013年スタジオジブリを描いた「夢と狂気の王国」の音楽を手掛ける。
    また、「おおかみこどもの雨と雪」に続き、今年7月公開の細田守監督の最新作「バケモノの子」の音楽も手掛ける。
    2013年、アフリカ開発会議(TICAD 鶩)関連企画としてエチオピアを訪問・取材し、映像作品『うたがき』を発表した。
    最新アルバムは昨年11月に発表した「かがやき」。
    http://www.takagimasakatsu.com

    nakayama_profile.jpg

    中山晃子 Akiko Nakayama / アーティスト
    色彩と流動の持つエネルギーを用い、生きている絵を出現させるアーティスト。
    パフォーマンス、写真、映像、と扱うメディアは多岐に渡るが、一貫して多種多様な原因と結果を描き、要素の流れがもたらす生きる姿をあらわす。
    主な活動である”Alive painting” では、様々な性質を持つ液体を流転させ、互いが互いの性質を引き受け合い、一瞬一瞬変容する絵を場に描く。
    近年では、色彩の差異を即時的に画像解析、デジタル処理することによって音を発生させるカラーオルガンシステム “Fluid2wave”をエンジニアと共に開発し、音も絵も同時に奏でるソロパフォーマンスを行う。
    http://akiko.co.jp

     KYOTAROフライヤーのアートワークを担当させて頂きました^^
    とても楽しみなイベントです!皆様是非!



     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン