手の怪我のほぼ完治につきましてご報告させていただきます。KYOTARO 青木京太郎

2019.06.23 Sunday

0

     

    KYOTARO

    青木京太郎

     

    手の怪我のほぼ完治につきましてご報告させていただきます。

     

    (痛そうな話なので苦手な方はお読みになる場合はご注意お願い申し上げます。)

     

     

    2018年7月に労働時間中に手の指を切断し、救急搬送されました。

    手の指をつなげていただき、さらにその指を手のひら内に埋め込んで体液に浸し、指のつながりを待つという特殊な手術を施していただきました。

     

    In July 2018, he cut his fingers during working hours and was transported to emergency.
    They had my finger connected, and then they embedded it in the my palms, dipped them in body fluid, and waited for the connection of their fingers.

     

     

    無事指がつながりました。

    奇跡です!

     

    The finger was connected safely.
    It is a miracle!

     

    近日中にリスタートします。

    We will restart KYOTARO soon.

     

    ありがとうございます!

    THANK YOU SO MUCH!

     

    入院し、退院した後もあまり動きがスムーズではなくリハビリに通いました。

     

    手の負傷だけでなく身体全体の動きも歪んできたので、なるべく身体を動かす方向性を選択し、毎日過ごしておりました。

    お花屋さんの入力のお仕事をしながら、体を動かす労働の仕事にもつき、7ヶ月間通っておりました。

    新たに身体のバランスを整え、お陰様で全身の筋肉もつきましたし、毎日のルーティンの中で豊富な情報量の仕事をこなす事が出来ております。

     

    先月5月に縫合後の再手術をしていただきました。

     

    絵の作業につきまして、遅れてしまった案件などのお仕事もあり、大変ご迷惑をおかけいたしました。

    無事に納品出来まして、ホッとしております。(涙。)

     

    治療、リハビリ、生活のための労働、再手術、約11ヶ月間でやっと怪我をする前の自分をかろうじて取り戻し始めております。

     

     

     

    また身体の神秘であったり、もろさであったりを見つめる機会にもなりました。

     

    切ったらすぐに繋がらないという事。

    血が出るという事。

    痛いという事。

    悲しいという事。

    お話の中のスーパースターは怪我などなんのそのだと思いますが、

    中身の人間に治療はかなりハード。

    現実、そうなのだという事。

     

    普通に生活できていることは奇跡のような喜びであるということ。

    感謝しかありません。

     

    夫さま、家族さま、親戚の皆さま、友人の皆さま、関係者の皆さま、先生さま、病院の皆さま。。。たくさんの方に助けていただきました。

    怪我の中で助けていただいた方々のことは一生忘れることはありません。

    ありがとうございます。

    Thank you to everyone who helped.
    I love you all who support me.

     

    KYOTARO 青木京太郎今後とも頑張りますので。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    近日再始動したします。よちよち歩きかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    応援してくださっている皆様大好きです。

     

    本当にありがとうございます!

     

    愛を込めて!

    LOVE!

     

    KYOTARO

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン