日本のことば×現代アート 「いんすぴ」これやん展 [会期]2020年2月17(月)〜3月24日(水) コリドー ギャラリー34 at パークホテル東京 にKYOTAROも参加いたします。

2020.02.16 Sunday

0

     

     

    日本のことば×現代アート

    「いんすぴ」これやん展

     

    [会期]2020年2月17(月)〜3月24日(水)

    [会場]コリドー ギャラリー34 at パークホテル東京

    入場無料

     

    [会場住所]東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー 34F

    主催=これやん、パークホテル東京

    https://koreyan.jp/

     

     

    [概要文]

    「いんすぴ」これやん展は、アートの販売サイト“これやん” とパークホテル東京がコラボレーションして生まれたプロジェクト です。この企画では日本の芸術・文化を世界に伝えるために、 日本文化を体現するコミュニケーション・ツールである“ことば” に注目しました。さまざまな意味を持つ日本のことばの奥深さを、 アート作品として表現するのに加え、 ことばから生まれたインスピレーションは作者と受け手が共有でき るのか――? ことばをモチーフにすることで変化する、 イメージの共有をテーマとしています。 

     この展示では、 これやんとパークホテルに所縁のある60人のアーティストたちに 、日本に根づいた“ことば”を提示し、 そこから感じたインスピレーションをもとに自由に作品を制作して もらいました。絵画・立体・工芸といったジャンルはもちろん、 年齢も性別も超えて、ことばから生み出された60通りの“ いんすぴ”。その閃きを感じながら、カルタの“絵合わせ” のような直感的な楽しさを味わっていただければ幸いです。

     

    [概要の英訳]

    Koreyan Exhibition “INSPI” is held by the art E-commerce site Koreyan in collaboration with Park Hotel Tokyo as known as the Art Hotel. The purpose of this exhibition is to show Japanese culture through the inspirations of Japanese artists.

    We picked 60 heartwarming Japanese phrases and threw them to 60 artists.

    How do they get inspired from those words? What do they create from the inspirations?

    The answer is in their artworks.

    We hope you can enjoy the interaction between 60 Japanese phrases and 60 arts inspired by them.

     

    [参加アーティスト]

    安西泉、安東和之、池田千鶴、伊藤香奈、稲石とおる、今井完眞、 内田有、江頭誠、大河原愛、大串ゆうじ、大谷陽一郎、大平真梨、 大村雪乃、奥島圭二、奥村巴菜、OZ-尾頭-山口佳祐、 香川大介、角文平、金谷裕子、カネコタカナオ、金澤シュウ、 北奥美帆、KYOTARO、京森康平、久保進、小飯塚祐八、 小林真理江、サガキケイタ、櫻井美佳、佐野景子、清水智裕、 しりあがり寿、新直子、鈴木杏、鈴木香南、鈴木ひょっとこ、 高石優真、高橋キンタロー、田川秀樹、竹村東代子、田羅義史、 Cicci、千原徹也、土田圭介、坪島悠貴、中村圭吾、 中村眞弥子、はっとり♡かんな、HABUJUN、平井豊果、 ひらのまり、ヒロ杉山、福本歩、前田恭兵、松枝悠希、松本亮平、 山下健一郎、山田勇魚、HUIT、若佐慎一

     

     

    「おなか空いた」鈴木ひょっとこ(技法・素材 アクリルガッシュ、綿キャンバス)

    「まほろば」金澤シュウ(技法・素材 セラミック、手びねり)

    「おちゃめ」HUIT(技法・素材 アクリル、シナ)

    「とこしえ」大谷陽一郎(技法・素材 キャンバス、アクリルペイント、ジェッソ、メディウム、uvインク)

    「だいじょうぶ」cicci(技法・素材 ミクスドメディア)

    「ひなたぼっこ」今井完眞(技法・素材 陶土、手びねり、金彩)

    「いき(粋)」江頭 誠(技法・素材 毛布、既存の立体物)

    「あっぱれ」池田千鶴(技法・素材 陶)

    「えりをただす」稲石とおる(技法・素材 紙粘土、石粉粘土、ガラス、木、油絵具、他)

    「バッチリ」佐野景子(技法・素材 ガラス/技法:ホットワーク、キルンキャスト)

    「かわいい」京森康平(技法・素材 キャンバス、UVレジン、岩絵の具)

    「いただきます」坪島悠貴(技法・素材 銀925、真鍮)

    「やさしい(優しい)」OZ-尾頭-山口佳祐(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「ごえん(縁)」新 直子 (技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「よろしく」伊藤香奈(技法・素材 瓢箪、アクリル絵具)

    「うちみず」千原徹也(技法・素材 キャンバス、油性マジック)

    「お気に入り」田川秀樹(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「おだやか」若佐慎一(技法・素材 和紙、墨、水墨画)

    「たいこばん(太鼓判)」角 文平(技法・素材 ケヤキ、ゴム、真鍮、ボルト)

    「にあう」久保 進(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「げんかつぎ」はっとり♡かんな(技法・素材 画用紙、コピック)

    「いらっしゃいませ」しりあがり寿(技法・素材 スリッパ、絨毯、板、釘、ジェッソ)

    「おいしい」松本亮平(技法・素材 アクリル、板)

    「おもてなし」田羅義史(技法・素材 陶土、手びねり、金彩)

    「あそびごころ」サガキケイタ(技法・素材 ネオシルクスクリーン )

    「ありがとう」KYOTARO(技法・素材 紙、鉛筆)

    「おかえり」山田勇魚(技法・素材 エポキシ樹脂 樹脂注型)

    「すごい」大村雪乃(技法・素材 毛糸、布 かぎ針編み、パンチニードル、刺繍、縫製)

    「うれしい」高石優真(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「マジで」内田 有(技法・素材 ガラス、ミクストメディア・ガラス鋳造法)

    「ぴったり」福本 歩(技法・素材 陶)

    「ごちそうさま」鈴木香南(技法・素材 ガラス)

    「みこころ(御心)」竹村東代子(技法・素材 水彩、ガッシュ、色鉛筆、切り絵)

    「ひらめき」金谷裕子(技法・素材 画用紙、色鉛筆、ドローイング)

    「おまちどうさま」安西 泉(技法・素材 インク、水彩、アルシュ紙)

    「ゆかり」鈴木杏(技法・素材 シャープペン、アクリル、画用紙)

    「おてんとうさま」高橋キンタロー(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「ごきげんよう」大串ゆうじ(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「おかげさま」清水智裕(技法・素材 油彩、キャンバス)

    「モテる」松枝悠希(技法・素材 PET、木、絵の具 ミクストメディア)

    「いさぎよい」HABUJUN(技法・素材 毛糸 編み物)

    「めちゃくちゃ」中村眞弥子(技法・素材 アルシュ紙、アクリル絵具)

    「はんぶんこ」ヒロ杉山(技法・素材 アクリル、キャンバス)

    「おもいやり」香川大介(技法・素材 変形木製パネル)

    「おむすび」安東和之(技法・素材 ハンコ・紙)

    「おすそわけ」山下健一郎(技法・素材 キャンバス、油彩)

    「ととのう」前田恭兵(技法・素材 七宝混合技法、銀、銅)

    「まろやか」大河原 愛(技法・素材 キャンバス、油彩、エンコースティック技法)

    「ふるさと」櫻井美佳(技法・素材 麻紙、岩絵の具、水干絵の具、パステル)

    「なるほど」小飯塚祐八(技法・素材 木、樹脂、アクリル ミクストメディア)

    「すじがねいり」北奥美帆(技法・素材 クルミ、鉄媒染液、ウレタンフォーム、綿、革、鋲など・オイル仕上げ)

    「はればれ」平井豊果(技法・素材 キャンバス、アクリル)

    「せんぱい」土田圭介(技法・素材 鉛筆、ワトソン紙)

    「どうも」カネコタカナオ(技法・素材 キャンバス、アクリル、水性ペン)

    「ひさしぶり」大平真梨(技法・素材 白磁)

    「いいね」ひらのまり(技法・素材 ステンドグラス、合成樹脂)

    「すっきり」奥島圭二(技法・素材 ガラス、キルンキャスト、研削研磨)

    「ウケる」中村圭吾(技法・素材 キャンバス、油彩)

    「もったいない」奥村巴菜(技法・素材 陶土、釉、銀・手びねり)

    「ただいま」小林真理江(技法・素材 紙、アクリル)

     

    ※「いんすぴ」これやん展の開催期間中の3月20日(金・祝)〜21日(土)には、同じパークホテル東京にて「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」が開催されます。客室内を展示空間に仕立てたこのイベントの詳細はこちら

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン