倉本美津留さんプロデュース アート作品サイト「これやん」にKYOTARO作品「ありがとう」を出品いたしました。

2020.04.10 Friday

0

    倉本美津留さんプロデュース アート作品サイト「これやん」に

    KYOTARO作品を出品いたしました。

    先日、2020年2月17(月)から3月24日(水)まで

    東京にありますパークホテルで展開されておりました、

    日本のことば×現代アート 「いんすぴ」これやん展 

    にて展示していた作品が

    「これやん」のサイトにて公開されました。

     

    https://koreyan.jp

     

    https://koreyan.jp/inspi/

     

    KYOTAROは「ありがとう」を担当しております。

    https://koreyan.jp/inspi/kyotaro/4543/

     

     

    ありがとう

     

    撮影:Kaneko Hiroshi さん

     

    撮影:Yoshika Horitaさん

    ありがとう / 【Arigatou】thank you.
    Comes from the old Japanese “Arigatashi” which means not to happen a lot, or to have is very hard.

     

    2020年

    紙、鉛筆(Pencil on paper)

    593mm(幅)×420mm(高さ)

    作品イメージ 615mm(幅)×445mm(高さ)×20mm(奥行き)/額

     

    2020年2月完成

     

    「ありがとう」

    という言葉を担当しております。

    大変な言葉を担当することになったなあと思いました。

    生き物にとってとても重要な分野であろう表現言語を観る方々に

    共有可能なビジュアルとして変換していく必要があると考え、

    しばらく考えをまとめてから制作に入りました。

    普段からたくさんの方々に助けていただいたり、心遣いいただいたり、

    色々と動いていただいたり、頂き物をしたり、

    「生きている」ことについても、

    地球、宇宙、動物や植物、微生物や星々、空気、水、遠く、近く、

    様々なところからエネルギーが届き、生き物が生きていける環境が在り、

    常に恵を受けて生存しているのだなあと循環を想像し、感謝の気持ちが起こりました。

    常日頃から「ありがとう」感謝の気持ちがあり、

    その言葉を表現出来るこの機会をいただいたことに、

     

    更にありがたい気持ちが湧き起こりました。

    「ありがとう」

    に溢れてしまいました。


    人に何かしていただいて感謝の気持ち、

    言葉があり、自分も何かして、ありがとうと言われたり、

    「ありがとう」の次元はあたたかく永遠で光に包まれている気がしました。

    「ありがとう」と「ありがとう」の間の交流からさらに感謝のうねりが起こり、

    こんこんと湧くあたたかい無限の力、感謝のダンスが巨大に広がっていく。

    そんなような次元の世界を想像し、

    発想した世界が全て含まれた風景を鉛筆で制作いたしました。

     

    「形」というよりも

    「意識」的な印象を鉛筆で表現いたしました。

    描き込みはそこまでせずに

    光が詰まった絶え間なく永遠に湧いてくる

    あたたかなエネルギーのイメージをシンプルに表現し、

    観る方々がより受け止められやすいビジュアルに変換することを目指しました。

     

    自分が「ありがとう」という言葉をどのように認識していたのか、

    描く前と後とでは深さがより深くなり、全く違いますね。

    その絵を皆さんと共有出来ることは大変幸せなことだと思います。

    描いた後は日常で感謝が起こった時に、

    以前よりも色彩豊かに光に溢れ感謝のダンスが巻き起こる風景をはっきりと想像することが出来るようになりました。

    この世界に生きていることがとても幸せなことだなと再確認する機会になりました。

     

    本当に

    ありがとうございます。

     

     

    撮影:Yoshika Horitaさん

     

    撮影:Yoshika Horitaさん

     

    撮影:Yoshika Horitaさん

     

    撮影:Kaneko Hiroshi

     

    https://koreyan.jp/kyotaro/

     

     

     

    是非チェックお願いいたします。

     

     

    この作品へのお問い合わせはこちらまで。

     

    これやんCONTACT

     

     

    倉本さんとの出会いは2010年ミヅマ・アクション I saw lots of fairies の展覧会にお越し下さいまして、

    その周辺の時期にお会い致しました。

    アイドルグループさくら学院さんの映像オープニングのイラスト制作にもおよびくださったりお仕事させていただき、

     

    以前より大変お世話になっております。

    いつも気にかけてくださり大変感激です。

    倉本さんありがとうございます。

     

     

     

     

     遊べるアート「インスピ」日本語×現代アートの新感覚カードゲーム

    商品化実現のためのご支援を現在集めているそうです。

     

     

    それ以外のご質問・リクエストなど

    KYOTARO WEB SITE にご連絡お待ちしております。

    KYOTARO CONTACT

     

     

     

     

    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、

    私たちを取り巻く環境が変わってきています。

    都市部を中心としたいくつかの地域で緊急事態宣言が発令され、

    さらに変化著しい日々の対応に大変なおもいをされている方も

    たくさんいらっしゃると思います。

     

    どうか皆さまが守られますように。

    コロナウィルスにより亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。

    現在治療中の方々の一日も早い回復と感染終息をお祈り致します。

    最前線にいて作業してくださっている方々に感謝申し上げます。

    ありがとうございます。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン