世界からまずしさをなくす 8つのゴール MDGsTシャツ発売のお知らせ

2007.07.01 Sunday

0
    参加しました。是非皆さん読んでください。知ってください。
    先進国はいろいろ出来るはず。地球は球体。地続き。繋がってる!!
    新しい時代になりますように。  KYOTARO

    http://www.mdgs-t.jp/
    私はゴール5「妊娠・出産にかんする健康を改善させよう」のプロジェクトT-shirtに参加しました。

    この度、ガスアズインターフェイスは、世界の貧困問題と、貧困をなくすために国連がまとめた8つのミレニアム開発目標に賛同し、この目標を多くの方々に知っていただ くために、<特定非営利活動法人ほっとけない世界のまずしさ>の企画のもと、世界各地8組のアーティストがデザインしたメッセージTシャツを制作しました!
    3秒に1人子どもが貧困のために命を落としています。食べ物がない、水が汚い、そんなことで極度の貧困により苦しんでいる人10億人以上。
    その7割が女性です。出産時の母親の死、 乳幼児の死が日常の出来事です。小学校に通えない子ども1億4000万人以上。
    読み書きの出来ない大人8億6000万人。エイズやマラリアなどの感染症にかかっている人4000万人以上。
    きれいな水を飲めない人14億人以上。これが私たちの住む世界の姿です。

    ■ミレニアム開発目標 エム・ディー・ジーズ(MDGs)とは、
    国際社会が2015年までに「世界の貧困を半減する」ための8つの期限付きの目標です。
    ゴール1 貧困と飢えをなくそう
    ゴール2 初等教育をうけられるようにしよう
    ゴール3 ジェンダーの平等を進めよう
    ゴール4 子どもの死亡率をへらそう
    ゴール5 妊娠・出産にかんする健康を改善させよう
    ゴール6 感染症などの病気が広まるのを防ごう
    ゴール7 環境の持続可能性を確保しよう
    ゴール8 世界の一員として、先進国も責任をはたそう

    2000年9月189カ国のリーダーが、国連ミレニアムサミットにて、21世紀の国際 社会が目指す方向をまとめた、ミレニアム宣言を採択しました。この宣言の中 に、「開発と貧困」が挙げられました。
    そして、国際社会に生きる私たち一人 ひとりが貧困のない世界をつくるために、8つの具体的な目標が掲げられました。

    ■<特定非営利活動法人 ほっとけない世界のまずしさ>の考えるアドボカシーとは、 「世界の貧困」問題を多くの人が、<知り>、<考え>、<解決のために行動を起こす>ためのきっかけづくりと、<政治のリーダーへの働きかけ>のことです。
    世界の貧困をなくすためにあなたがとるアクションの一つとして(Tシャツのしくみ)、
    1 : あなたがエム・ディー・ジーズTシャツを購入します。
    2 : Tシャツを着て、家族や友人にエム・ディー・ジーズ達成のために私たちに何が出来るか話し合ってそれを実践してみてください。
    3 : Tシャツ1枚につき、売り上げの10%にあたる480円のうち380円が各ゴールの達成に向けた現地支援プロジェクトに、
    100円が「ほっとけない世界のまずしさ」のアドボカシー事業(市民発の政策提言・啓発活動)としてMDGsを広く一般市民に知ってもらうために使用するリーフレット、シール、ポストカードなどを製作・普及することに使わせていただきます。

    ap bank fes '06 パンフレットの制作に参加しました

    2006.07.01 Saturday

    0
      2006年7月15日(土)、16日(日)、17日(月) 
      つま恋/他目的広場・スポ−ツ広場・第2 他目的広場(静岡県掛川市)にてap bank fes '06が行われます。
      昨年に引き続き、ap bankの想いに賛同していただいた多くのGreat Artistの皆様と、つま恋のステージを飾ります!

      Bank Bandがハウスバンドスタイルでゲストを迎える「Bank Band with GreatArtists」、更に、バンドのパワー感で魅せる「Band Act」スタイルも登場!
      今年はどんなライブパフォーマンスが繰り広げられるか、乞うご期待!

      <参加ア−ティスト>
      ASKA 今井美樹 忌野清志郎 HY 小田和正 GAKU-MC くるり KREVA 桑田佳祐 コブクロ Salyu スキマスイッチ 一青窈 BENNIE K BoA BONNIE PINK ポルノグラフィティ Mr.Children レミオロメン(五十音順)

      ap bankとは2001年、アーティストによる自然エネルギー促進プロジェクト「Artists' Power」のメンバーを集めて、
      環境問題に関する勉強会を行いました。何回か勉強会を行っているうちに、今、世の中で使われているエネルギーを自然エネルギーに代替することは決して無理な事ではなく、そして、みんなが地球のこと、自分たちの身の回りの社会のことを考えるようになれば、もっと暮らしやすい、居心地のいい未来が開けてくるという意識が高まってゆきました。
      そして、どう使われるかが把握できない自分たちの預金を、自分たちの望む使いみちにのみ運用している
      「市民のためのバンク」の存在を知ったことが、大きなきっかけとなり、自分たちのバンクをつくろう、という話が持ち上がったのです。
       そして2003年、小林武史、櫻井和寿の2名に「Artists’ Power」の発起人でもある坂本龍一氏を加えた3名が自己責任のもとで拠出したお金をもとにして「可能性ある新しい未来をつくろうとしている環境プロジェクトに融資を行う」という目的で設立されたのがap bankです。ap bankは、普通のバンクではありません。
      自然エネルギー、省エネルギーなど環境に関するさまざまなプロジェクトに融資をする非営利組織です。