国立新美術館

2008.06.24 Tuesday

0

    国立新美術館のミュージアムショップ「Souvenir From Tokyo」にてブースが作られ、ペインティングして来ました。ミュージアムショップスタッフの方々。山田さん。お世話になります。感謝です。

    六本木の国立新美術館の地下にあるミュージアムショップ「Souvenir From Tokyo」にて6月25日より期間限定で KYOTAROコーナーが登場します! 現在発売中のTシャツと、個展で発表予定の新作品「天馬」のポスターを展示販売いたします。
    ポスターは590 x 775mm の大きさです。 価格は3,000円+消費税。 ポスターはこのSouvenir From TokyoとKYOTAROの個展が開催されるミヅマ・アート・ギャラリー そして当Dis Factoryのサイトの3か所のみでの販売で全部で200枚限定です。すべてにはKYOTARO本人によるシリアルナンバーとサインが入っています。  ミヅマ・アートギャラリーDis Factoryサイトでは7月9日より発売を開始します。 Souvenir From Tokyoでは、KYOTAROの手によるスペシャルディスプレーも予定されています。 ぜひぜひ、皆さまお越しをお待ちしております!

    Super DeluxeのイベントBlows & Bombsのフライヤー描きました。

    2008.06.24 Tuesday

    0

      Blows & Bombs vol.4 「一度放たれた音は二度繰り返される必要などない。表現は二度目を必要とせず、二度生きることはない。放たれた音は死ぬのであり、生きているのは、それが放たれた瞬間だけなのだ。」
      (劇作家アントナン・アルトーのテキストから剽窃改変)
      出演: 中原昌也 x ヨシダダイキチ x U-ZHAAN

      中原昌也氏は最も電子音楽の歴史を踏まえた古典的な音楽家の一人だと思う。一口にノイズと言っても中原氏の音のヌケの良さは世界的にみても特筆すべきものだ。ヨシダダイキチ氏とU-ZHAAN氏は非常に歴史の古いインドの楽器であるシタールとタブラの日本を代表する演奏家であるが、彼らの素晴らしさは高い演奏技術にだけあるのではなく、非インド人である事を自覚した上で、自分達にしか出来ない音楽を生み出している点にあるのではないか。この三者が混じり合った時に何が生まれるのか誰も知らない。(生西康典)

      TIME TABLE予定:
      第一部(20:00〜21:00)
      ヨシダダイキチ(シタール)×U-ZHAAN(タブラ)×生西康典(映像)

      第二部(21:30〜22:30)
      中原昌也(エレクトロニクス)×ヨシダダイキチ(シタール)×U-ZHAAN(タブラ)
      *当日の進行はイベントの性質上多少前後する場合がございます。ご了承下さいませ。

      出演者情報:
      中原昌也/Hair Stylistics(エレクトロニクス)
      ヨシダダイキチ(シタール)
      U-ZHAAN/ASA-CHANG& 巡礼 (タブラ)

      企画: 生西康典
      音響: 稲荷森健 (Taguchi)
      宣伝画: KYOTARO
      フライヤーデザイン: 昆野立


      JUNの50周年イベント「bungalow50」に参加しました。

      2008.03.29 Saturday

      0

        ファッションデザイナー、モデル、俳優、ミュージシャン、アートディレクターなど、各分野でいま最も注目される50人が、それぞれのメッセージを込めた世界でたった一つの「Tシャツアート」を制作するアートプロジェクトです。発端は、設立50周年を迎える アパレルカンパニーJUNが揚げた"Creation In HEART"というフィロソフィー。50年に渡り、ファッションとクリエイションのパワーを索引してきたJUNの、社会に対して"HEART"で何か出来ないだろうか?という思いが、ファッションとアートを融合させたチャリティープロジェクト「bungalow50」です。1970年代に一世を風靡したJUN。だからこそ、そのTシャツというアイテムにこだわって50人に作品制作を依頼しました。こうして誕生した50点のアートピースは、期間限定で表参道のギャラリー&ショップ「bungalow50」に展示され、さらに公式サイトのオークションにて購入することが出来ます。同時に、50人がこのプロジェクトのためにデザインした限定Tシャツも展示・販売されます。アートに触れ、ファッションを楽しみ、それがチャリティという形で社会貢献になる。ゲストとして参加する私たちも、このプロジャクトを完成させる一員なのです。
        期間限定ギャラリー&ショップ「bungalow50」
        東京都渋谷区神宮前6-1-9
        営業時間:11:00〜23:00
        http://www.bungalow50.com/
        2008年3月29日(土)〜4月20日までの期間限定で、チャリティーイベントbungalow50」が、表参道のランドマーク的カフェ・ラウンジmonoakにて開催されます。オンライン以外で、限定Tシャツが買えるのはここだけ。
        Montoak
        通常営業時間:11:00-27:00(年中無休)
        http://www.montoak.com/

        限定Tシャツの収益金の全てと。オークションの売上金は全て、世界の子どもたちの命を守り、健やかな成長のために活動するユニセフ(国際連合児童基金)と、医療の行き届かない場所へ積極的な人道支援を行う国境なき医師団へ寄付いたしす。
        参加者一覧
        青木むすび 浅野忠信  東信 Veronique Branquinho USUGROW ngap(SKOLOCT) 片山正通(Wonderwall) 加茂克也(モッズ・ヘア)菊池凛子 KYOTARO  熊谷隆志groovisions  黒木メイサ sasu SHEILA 下條ユリ 下田法晴(SILENTPOETS)  JeanTouitou ShinYa for SHINYA salon SONOMI タイクーングラフィックス  、高城剛  TAKU 田中知之(FantasticPlasticMachine) 土屋アンナ
        妻夫木聡 鄭秀和(INTENTIONALLIES) DOZE GREEN TOWA TEI 宮永愛  中島秀樹  永瀬正敏  信國太志  橋本麗香  日比野克彦  福薗英貴  藤井リナ 古田泰子(TOGA) Bernhard Willhelm 堀北真希  松尾スズキ  松本莉緒  マリエ   みうらじゅん  森山大道  山本宇一  吉岡徳仁 米原康正  リリー・フランキー  LaurentDombrowicz

        ライブドローイングに参加します

        2008.03.16 Sunday

        0
          2008 年3月29日(土)青山のCayにてライブドローイングに参加します。
          ガムランの音色、ホーメイ、どこにもない楽園を映像とライブドローイングを使って作り出します。
          是非お越し下さい。

          --------------------------------------------------------
          "Ombak" 〜うなり〜

          ■2008年3月29日(土) 17:30open 18:30start
          @EATS and MEETS Cay
          港区南青山5-6-23 スパイラル B1F
          (東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前もしくはB3出口より渋谷方向へ1分)

          ■ 出演: 櫻田素子&Terang Bulan
          (プトゥ・グデ・スティアワン、渡辺泰子、鳥居誠、若林康明、大平美樹、濱元智行/ガムラン、
          山室祥子、根津聖羅、山岸天平、安谷絵里、小泉ちづこ/バリダンス) 

          ■ SPECIAL GUESTS: 山川冬樹(ホーメイ)、ヨシダダイキチ(シタール)、DJヤマベケイジ(LOSAPSON?)、
          KYOTARO(live art)、WHO YOU(VJ)

          ■ ドリンク・フード: EATS and MEETS Cay

          ■ チケット: 2,800/前売 3,500/当日 ドリンク・フード別
          ※ご予約・お問合せ EATS and MEETS Cay(カイ)  
          tel. 03-3498-5790 またはe.mcay@spiral.co.jp

          ■詳しくはこちらへ
          EATS and MEETS Cay 
          櫻田素子&Terang Bulan

          トラディショナル・バリの魂を追求してきた、ジャパニーズ・ガムラン&バリダンス・ユニット“櫻田素子&Terang Bulan”(トゥラン・ブーラン)によるガムラン・ショウ!
          ホーメイの山川冬樹氏、シタールのヨシダダイキチ氏(Alayavijana)、DJヤマベ氏(LOS APSON?)、アート界からKYOTORAO氏、と“音の魔術”を知るアーティストをゲストに迎え、今、ここ東京に回路を開く。
          青銅の“うなり”は、 蜜のように甘く、揺りかごのように心地よく、大地の鳴動のように全身を震わせる。

          山川冬樹
          ヨシダダイキチ 
          ヤマベケイジ
          KYOTARO 
          櫻田素子&Terang Bulan

          ヨシダさんのシタール(インドの弦楽器)のロマンティックな響き、山川さんのホーメイ(トゥバの倍音喉歌)、イギル(弦楽器)、そして心臓。
          どれもがガムランの青銅の艶と溶け合って、ゆらゆらと心地よい時を刻む。
          倍音兄弟の絶妙の味に、アジア農民チームはリハーサルからうっとり、にっこり。
          もちろん、バリ・ガムランならではの熱く燃えるユニゾン魂も炸裂します。

          KYOTAROさんがVJのWHO YOUさんとタッグを組んで、全編ライブアートも展開します。
          特に、後半(2ステージ目)乞う御期待!
          そして、DJヤマベケイジさんのDJタイムにどんな音楽がかかるのか?!
          万障お繰り合わせの上、観にいらしてください!!!

          ※テーブル席を確保されたい方は、お早めにご予約を。

          JUNの50周年イベント「bungalow50」に参加します

          2008.03.16 Sunday

          0
            この春、表参道に出現する謎のギャラリー&ショップ「bungalow50」。
            それは、ファッ ションデザイナー、モデル、俳優、ミュージシャン、アートディレクターなど、各分 野でいま最も注目される50人が、それぞれのメッセージを込めた世界でたった一つの 「Tシャツアート」を制作するアートプロジェクトです。
            発端は、設立50周年を迎える アパッルカンパニーJUNが揚げた"Creation In HEART"というフィロソフィー。
            50年に渡り、ファッションとクリエイションのパワーを索引してきたJUNの、社会に対して"HEART"で何か出来ないだろうか?という思いが、ファッションとアートを融合させたチャリティープロジェクト「bungalow50」です。
            1970年代に一世を風靡したJUN。だからこそ、そのTシャツというアイテムにこだわって50人に作品制作を依頼しました。
            こうして誕生した50点のアートピースは、期間限定で表参道のギャラリー&ショップ「bungalow50」に展示され、さらに公式サイトのオークションにて購入することが出来ます。同時に、50人がこのプロジェクトのためにデザインした限定Tシャツも展示・ 販売されます。アートに触れ、ファッションを楽しみ、それがチャリティという形で社会貢献になる。ゲストとして参加する私たちも、このプロジャクトを完成させる一員なのです。

            期間限定ギャラリー&ショップ「bungalow50」
            東京都渋谷区神宮前6-1-9
            営業時間:11:00〜23:00

            ※詳しくはこちら

            2008年3月29日(土)〜4月20日までの期間限定で、チャリティーイベントbungalow50」が、表参道のランドマーク的カフェ・ラウンジmonoakを完全にジャックします。
            オンライン以外で、限定Tシャツが買えるのはここだけ。

            Montoak
            通常営業時間:11:00-27:00(年中無休)

            限定Tシャツの収益金の全てと。オークションの売上金は全て、世界の子どもたちの命を守り、健やかな成長のために活動するユニセフ(国際連合児童基金)と、医療の行き届かない場所へ積極的な人道支援を行う国境なき医師団へ寄付いたします。

            <参加者一覧>
            青木むすび 浅野忠信 東信 Veronique Branquinho USUGROW ngap(SKOLOCT) 片山正通(Wonderwall) 加茂克也(モッズ・ヘア) 菊池凛子 KYOTARO 熊谷隆志 groovisions 黒木メイサ sasu SHEILA 下條ユリ 
            下田法晴(SILENTPOETS) JeanTouitou ShinYa for SHINYA salon SONOMI タイクーングラフィックス 高城剛 TAKU 田中知之(FantasticPlasticMachine) 土屋アンナ 妻夫木聡 鄭秀和(INTENTIONALLIES) DOZE GREEN TOWA TEI 宮永愛 中島秀樹 永瀬正敏 信國太志 橋本麗香 日比野克彦 福薗英貴 藤井リナ 古田泰子(TOGA) 
            Bernhard Willhelm 堀北真希 松尾スズキ 松本莉緒 マリエ みうらじゅん 森山大道 山本宇一 吉岡徳仁 米原康正 リリー・フランキー LaurentDombrowicz

            京都嵯峨芸術大学にてレクチャーを開催します

            2007.06.02 Saturday

            0
              2007年6月26日 特別講座「Drawing! 青木京太郎の世界」
              メルヘンからグロテスクへ;ドローイングの可能性、アートと コミックの間

              京都嵯峨芸術大学では、本学卒業生である青木京太郎氏による作品ス ライドレクチャーを開催致します。
              彼女は、メルヘンから着想を得なが らも、その過剰なまでの線とイメージの集積によって、或る熱を帯びた グロテスクなイメージを現出する表現で知られています。
              本学在学時の 1997年に「Comic CUE」でマンガ作品によるデビューから活動を 開始し、多方面でコマーシャルの領域に関わってきましたが、現在は、 マンガ、イラストレーションの枠を超え、物語とイメージの新しい関係 を構築していく芸術表現へと活動を広げています。
              その特異な表現性を 持つ作家の生の声をお楽しみください。

              □会期:2006年6月26日(火曜日)16時より 17時30分
              □場所:京都嵯峨芸術大学ギャラリー棟3階・第6演習室
              □主催:京都嵯峨芸術大学
              □企画:造形学科・版画研究室
              □お問い合わせ先:本学広報室 075-864-7859

              (以上、京都嵯峨芸術大学HPより)
              ※詳しくはこちら

              ライブペインティングのお知らせ

              2006.05.21 Sunday

              0
                Miss APollo presents "PLAYING ROOM" @Super Deluxe

                Date > 2006.05.21.sun
                Open > 17:00~24:00
                Ticket > 当日¥3,000 with1drink 前売¥2,500 with1drink
                INFO > Super Deluxe......

                *予約希望の方は、
                ・「5/21 Miss APollo よやく」
                ・お名前
                ・ 人数
                ・ 電話番号
                を明記の上、Eメール (info@super-deluxe.com)
                またはファクス(03-5412-0516)まで送信下さい。
                5月20日 18:00〆切り

                Miss APollo.........http://www.missapollo.com
                LIVE PAINT > イケヤシロウ, 青木京太郎
                DJ+GUITAR > A.K.I.+FUNKY GONG
                DJ > DUCK ROCK, FUNKY GONG(JOUJOUKA), MAG$(M.A.G.M.A), satoshi, YELLOW(Miss APollo)and more... 
                PEFORMANCE > noemi(PLASTIC FOLK, TOASTGIRL
                VJ > mari, WHO YOU(Miss APollo)
                空間演出 > Miss APollo meets morio
                GRAPHIC IMAGE > MAGDRON (M.A.G.M.A)

                青木京太郎 『THE BABY SHOWER STORY』発売記念 JAPAN TOUR 2004

                2004.06.30 Wednesday

                0
                  ◎京都:7月20日〜8月1日(7月31日17時〜サイン会)
                  画集『THE BABY SHOWER STORY』発売記念原画展覧会
                  trancepop gallery
                  open 12:00〜20:00
                  phone 075.723.1780 

                  ◎東京:8月5日〜8月10日  
                  画集『THE BABY SHOWER STORY』発売記念原画展覧会
                  tree are so special
                  open 12:00〜20:00
                  phone 03.3462.0952 

                  ◎東京:8月27日19:00〜(サイン会&ミニトーク/ゲストあり)
                  タワーレコード渋谷店 7F BOOKS
                  phone 03.3496.3661

                  ※現在下記の店鋪でのサイン会&イベントの日程を調整している所です。
                  タワーレコード新宿店 恵比寿店 8月初旬〜下旬予定 
                  ツタヤ六本木店 8月下旬予定

                  ■開催内容に関するお問い合わせは下記までお願いします。
                  PRESSPOP INC(峯岸まで)
                  PHONE 0422.71.7555
                  E-MAIL info@presspop.com
                  http://www.presspop.com/

                  ジム・ウードリング コラボレーションライブペインティング

                  2004.04.24 Saturday

                  0
                    (JIM WOODRING VS 青木京太郎<画家>)+ サイン会

                    4月24日(土)19:00 〜 
                    東京(渋谷)タワーレコード渋谷7Fタワーブックス  
                    東京都渋谷区神南1-22-14 ph:03-3496-3661
                    その他、追加でイベントが予定しています、詳しく決定しだいWEBにてUPいたします。

                    ジム・ウードリング (JIM WOODRING)
                    1952年生まれ。米国LA出身。現在、米国シアトル在住。
                    幼少の頃から幻覚、幻聴に見舞われながらも、それを受け入れ人生の一部として育った。ハイスクール卒業後、清掃夫として働きながら自分の内面の世界を文章や絵で表現することを始める。その後、フリーの作家として広告、PR、アニメーションスタジオ等の仕事で生計をたてながらコミック作品を描き続け、1980年に”JIM”というタイトルの作品集を自費出版、同時にこの頃、彼の代表作である”FRANK”を描きはじめる。数々のコミックやカルチャー誌で作品を発表し続けた結果、ファンタグラフィック社よりオファーを受け、”JIM”と“FRANK”シリーズの出版が始まる。この頃から彼の世界観は多くの読者と熱烈なファンの支持を得はじめ、現在では、美術界からの高い評価と共にアメリカのアンダーグラウンドコミック作家としての人気をも兼ね備えた希有な作家となっている。セリフがほとんどない彼の描く”FRANK”は、時代や場所という制限を超越した摩訶不思議な普遍性のある想像の世界。そこにはキッチュでグロテスクながらもどこか愛嬌があり、万国共
                    通の人が親しみの感情を抱くことが出来るキャラクター達が存在する。彼の熱烈なファンであり、今年発売された”FRANK”総集編の序文を書いた映画監督のコッポラ曰く、”FRANK”は「現代の神話」である。現在まで、ジムは20〜30册のコミックスをアメリカで発表、またここ数年ではフランス・ドイツ・日本でも出版発売を開始している。そしてコミック以外でもあらゆる表現方法において優れた作家性を有する彼は、米国ではMSNコミックチャットのレイアウトデザイン、MANIC SKATEBOARD社とのコラボでのスケートボードのデザイン、日本ではアパレル会社ROUGEとのコラボプロジェクトにおけるテキスタイル&キャラクターデザイン等活動の幅を広げつつある。著名人の間でも彼のファンは非常に多く、コッポラを初めとして、ジャズミュージシャンのビル・フリーゼル、とはコラボレーションプロジェクト『MYSTERIO SIMPATICO』を行っている。また日本でも美術家や人気のイラストレーター達、ジェームズ・ジャービスやピート・ファウラー、等からも非常にリスペクトされている。